英語を話せるようになるには

英語を話せるようになるには、当たり前ですが、英語を話さないといけません。
英語学習に最も効果的と言われる“ディクテーション”(書き取り)を、いくらやっても、
それを言葉として使わなければ、英語は身についていないも同じです。
今はゲームでも英語音声を聴き取って、タッチペンを使用して、画面に直接書き取るという
英語の学習スタイルがあり、学校の授業で採用しているところもあることから、
理想的な英語教材だと思われていたりしますが、英会話の上では意味がないです。

英語の習得は準備体操的な初級者コースから、難易度の高めの上級者コースまで、
幅広いレベルの人がいますので、レベルに合わせた英会話のレッスンが必要です。
自分の英語力に適したレベルを選んで、発せられる英単語の数や
聞かれた質問に対して答えられる英語の会話力がものを言います。

高度な英語の学習をしたからといって、すぐに英会話ができるようになるわけではありません。
英語は、よくある英語音声を聴くことで、飛躍的にリスニング能力がアップするわけでもありません。
英文を書き取るからといって、急にライティング能力がアップするわけでもありません。

日本人の英語学習者にとても多いですが、ネイティブでも考え込んでしまうような難しい英文を理解できるのに、
英会話となると簡単なものでも聞き取れず話せないというケースです。
実際に、英会話を行うのに、難しい英文を読み解く能力は必要ありません。
重要なことは、一瞬で物事を英語で認識する思考回路なのです。
楽しみながら英会話力をつけるためにも、自身の会話力にみあった英語を使うことが、
早く英語を話せるようになりたい人にとって最も重要なことなのです。