カードローンを完済したつもりが

カードローンを完済したつもりが実は完済していなかった!ということがあるようです。
なぜこのような事になるのかはわかりませんが、完済したつもりになってしまっていて、カードローン会社からの郵便物を見なくなってしまったり、引越しして
住所を変更していないために、利用明細が届かかなくなってしまったという場合もあるでしょう。
返済が滞った状態が続くわけですから当然利息がかかってきます。しかも遅延損害金も発生して気が付けばかなり膨らんでしまう場合もあります。
このような場合、素人ではどうしていいかわからないのでやはり弁護士などに相談するのがいいのでしょうか。
弁護士に入ってもらって債務整理ができたとしても、一度債務整理をした人には消費者金融も銀行もお金を貸してくれなくなると聞いたことがあります。
個人信用情報会社から各金融機関に情報が流れるため、最低5年間はお金を貸してくれる金融機関はなくなるそうです。しかも5年が過ぎてもカードローンの申請が通らないという場合もあるようです。
自分が借りたお金が総額いくらで、返済がどこまで終わっているかということは
きちんと把握しておくことが大切ですね。複数の金融機関で借入をするとどこでいくら借りているかわからなくなる場合があるので気をつけましょう。